FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

ラダートレーニングについて

 

ラダートレーニングは難しく言えば「コーディネーション」です。

メニューはとても多く、色々なやり方があります。

「コーディネーション」の意味を考えてみましょう。

夏合宿基礎戦の時にメガネ君から言われたと思います。

「斜面をどうコーディネイトするか」と。

単語の意味はよくは知りませんが、構成していくことであると解釈しています。

ラダーはとにかく速く正確にが目的です。

トレの時に言った事もあると思いますが

口で「こうしろ」と言われてそのように体を動かす事がラダーの目的です。

陸トレは高校時代アップとしてやっていたのでトレーニング的な感覚はありませんでした。

体を高速で動かすことで体を温めその後に動ける体にするという目的だと思っていました。

今は頭と体を繋ぐという意味を考えています。

シーズン中コーチから「こうしろ」と色々言われると思います。

ラダーがうまい人(やり慣れている人を除く)はきっとその動きができると思います。

ラダーの下手な人、つまり不器用な人はなかなか苦労します。

これを養うという意味でラダーはいいと思います。

皆さんはなんでいつもメニューが違って1種目3回やるのか理解していますか?

メニューが違うのは1つの動きに慣れてしまうと頭を使わなくなるからです。

3回やるのはその3回で体に正しい動きの指令を出して欲しいからです。

1回では出せない人は「ハイ無理」で終わってしまいます。

1回目はゆっくり、2回目は速めに、そして3回目は

as soon as possible

です。

細かい意味について突っ込んだ人はもれなく蹴ります。

メニューについて知りたい人は文章では難しいのでトレの休憩中にでも聞いてください。

今はまだメニューは少ないです。

これからの陸トレさん、増やしていこう。

1ヶ月間けっしてメニューがかぶらないくらいに。

そうなるともっともっと効果が出ると思いますよ。

 

前へもどる次へ