FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

ブレードトレーニングについて

 

ブレードとは陸上でいて足元が滑ることを体感できるという意味でとても興味深いと思います。

昨年は理由はさておきブレードがほとんどできませんでした。

2年生にとっては今年は大変だったと思います。

自分も1年のころは初めてブレードを履いたのもあり、

全然だめでした。

ただ自分は、ブレードをやっておいてスキーに行き、

そしてまたブレードを履くと大きくイメージが変わると思います。

だから、もし合宿前にスキーに行ったら、合宿前に一度でもブレードを履いてみてください。

そうすることで、来年のオフシーズンにはブレードでもスキーのレベルを上げるための

イメージや技術を習得できるはずです。

と陸トレは思っています。

あとブレードに関して自分が皆に伝えたいことは、

ブレードはあくまでブレードであることを忘れないで欲しい、という事です。

自分がブレードで皆に知って欲しいのは、主に内傾角の取り方です。

外足を踏んだり、シーズン中によく言われる外足1本で滑るような感覚は持つべきではない

と思います。

自分はどっち(外足と内足)に大きく体重がかかっているのか見るだけでいいです。

陸トレはブレードをあまり強く踏みつける(圧をかける)という意識を持っていません。

唯一意識している事は、「傾ける(倒す)」ことです。

だから陸トレは人に教える時には、

ただ重心を足(接地点)から外せ(ずらせ)といいます。

ただその感覚を身に付けて欲しいのです。

それができたら次はスキーのようにストックをついたり、目線の確認をしたりと

そんな技術に取り組んでみてください。

余談かもしれませんが、夏合宿で自分が思っていたことを話します。

自分は昨シーズン終わりから「先行動作」「目線」といった事を意識するようになりました。

わかりにくいかもしれませんがターンは「切り替える」というより

「切り替わる」だと思ったのです。

それをシーズンでできるようにブレードではとにかく目線を意識しました。

まあそういったことは雪トレさんのうんちくでも見てください。

わからなかったら聞いてください。

雪トレさんに言わせれば

「偉そうに・・・」

だと思うのでこのくらいで勘弁してやります。

 

前へもどる次へ